【怖い雑学】あなたは事故物件を借りられる? | 雑学まとめ

【怖い雑学】あなたは事故物件を借りられる?

 

 

不動産業界で事故物件といえば、自殺や殺人などのあった物件のことです。

 

「いわくつき物件」とも呼ばれています。

 

 

余談ですが、「いわくつき」とは「曰く付き」と書き、込み入った事情のあることという意味です。

 

ところが、知り合いの営業さんは「曰く憑き」と敢えて呼んでいます。

 

事故物件の曰く(込み入った事情)はまるで物の怪に取り憑かれているように切り離せないということを言いたいらしいです。

 

 

さて、この「いわくつき物件」ですが、法律的にはどのような扱いになるか知っている人は割と少ないです。

 

「いわくつき物件」とは、自殺や殺人などにより『一般人であれば嫌悪するであろう歴史的背景を有する物件』のことです。

 

これは過去の裁判の判決文に記載された文言が始まりだと言われています。

 

 

意外にも殺人や自殺といった事象については触れていないのです。

 

従って、通常はいわくとされない自然死であっても、死後時間の経過によって腐乱した状態で見つかったなどという場合には「いわくつき」になるとも言えるのです。

 

 

曰くつきの物件を借りられる?あなたはどのタイプ?

ところで、こういった「いわくつき」に対する心理的な影響については、実は個人差が大きいことをご存知でしょうか?

 

特に「いわくつき物件」に住んでもいいという人の場合、大まかに以下の3つのタイプに分けられます。

 

1つめは、痕跡がなければ気にしないタイプ

 

2つめは、出血などの汚損がなければ気にしないタイプ

 

3つめは、ストーリーに左右されるタイプ

 

 

1つめは、例えば首吊り自殺の縄の跡や、柱のキズ(刃物跡)や染み(血痕)などが見えさえしなければ、どんな凄惨な事件があったとしても気にならないということです。

 

一番多いタイプでもあります。

 

2つめは、腐乱死体や大量出血などで床や畳が汚損したといういわくの場合、どんなにきれいにリフォームしてあっても生理的に受け付けないということです。

 

キレイ好きの人やどちらかと言うと神経質な人に多いです。

 

3つめは、死者の数や汚損等の物理的な事柄ではなく、猟奇的な度合いや悲惨さや怨恨の深さなど、いわくの物語性あるいは残留思念のような心霊的な要素を気にするのです。

 

感受性の豊かな人や想像力の強い人に多いみたいです。

 

あなたはどうでしょうか?

 

関連ページ

【怖い雑学】スイカの受粉は人間の出産と似てる? | 雑学まとめ
面白い雑学、ためになる雑学、知らなきゃよかった雑学など、様々な豆知識やトリビアを紹介しています。【怖い雑学】スイカの受粉は人間の出産と似てる?
【怖い雑学】女が最もほしいのは男ではなく女たちからの羨望 | 雑学まとめ
面白い雑学、ためになる雑学、知らなきゃよかった雑学など、様々な豆知識やトリビアを紹介しています。【怖い雑学】女が最もほしいのは男ではなく女たちからの羨望
【怖い雑学】屋内で孵化したり外から侵入するゴキブリ撃退方法まとめ
【怖い雑学】屋内で孵化したり外から侵入するゴキブリ撃退方法まとめの雑学です。皆さんが大嫌いであろうゴキブリですが、家の中を清潔にしていても、ゴキブリが屋内に入ってくることがあります。そんなときのゴキブリ撃退法を紹介していますので、是非試してみてください。